AVでは味わえない風俗の実体験談日記です!

ドストライクのツンデレデリヘル嬢

うちの近所には野良猫がたくさんいるんですけど、みんなツンデレで可愛いんですよね。僕から撫でにいこうとするとプイッとするくせに、僕が「じゃあいいよ」と去ろうとすると足元にまとわりついてくるんです。すっごく可愛いですよ。こんな猫みたいな子と甘い時間を過ごしたいな~と思いながら風俗店のホームページを見て回っていたら、プロフィールに「ツンデレにゃんこみたいな女の子です♪」と書かれているデリヘル嬢を見つけてしまったんです。これは遊ぶしかないだろうと思い、さっそく予約をしました。女の子は都合よくすぐに予約を入れることができたので、胸を高鳴らせながら待機。すると、15分経過して女の子が現れました。最初は普通の女の子だったんですけど、ベッドにインしてからツンデレを発揮!「触らないで」と言い始めたんです。しばらく頑張ってみてもツンが続いたので、「じゃあいいよ」と背を向けると、「なんでやめちゃうの?本当はイチャイチャしたいのに……」と、デレ発動!可愛すぎでものすごい破壊力でした!

デリヘル嬢の悲鳴の理由

最近仕事がうまくいかなくてなんだかなーって感じなので、気晴らしに風俗を使うことにしました。仕事であった嫌なことを、風俗を利用することによって忘れたいです。ポータルサイトで気になるお店をピックアップして、電話をかけてみることに。デリヘル店なので電話をかけて15分くらいで女の子がやってきてくれました。女の子は「はじめまして……きゃー!!」と、挨拶の途中で僕の顔を見た途端に叫びだしたので何事かと思ったら、僕が友達のお父さんに似ていたみたいです(笑)「別人でよかった~(笑)」と言いながらニコニコと接客してくれました。テクニックはぶっちゃけうーんて感じでしたが、ものすごく一生懸命接客してくれたので、最後は気持ちよく発射することができましたよ。シックスナインをしたんですけど、女の子のアソコの感度が良すぎて興奮しました。すぐびしょびしょになるし、腰をくねらせて感じてるし、またぜひこの子とはプレイしたいですね。

終電を逃してデリヘルで

友人と飲んでいたら終電を逃しました。まあ明日は休みだし、このまま飲み明かせばいいか……なんて思っていたんですけど、友人が「ごめん、俺明日朝からバイトなんだわ!」とか言って一人だけタクシーで帰りやがったんです……!!タクシー使うくらいなら他のことにお金使いたいなと思い、俺は風俗を利用することにしました。ネットで検索すると、24時間営業のデリヘル店があったので、そこで女の子を手配することに。指名したのはスレンダーな24歳。同い年なので勝手に親近感を抱きつつ待っていると、女の子が現れました。20歳と言っても通用するくらい見た目はピチピチしていて、元気な子でした。さして遅れてもいないのに「遅れちゃってすみません!そのかわり一生懸命たくさんサービスしますね!!」と言って、なんと即尺を始めたんです!!オプションで頼んでもいないのに、こんなオイシイことがあっていいんですか!?興奮し過ぎた俺は、あっけなく一発目を発射しました。

その他の記事